会社連絡なし キャッシング

会社連絡なしのキャッシング

MENU

本人確認なしの消費者金融と無職借入の可否

本人確認なしの消費者金融はある?

 

本人確認、電話確認、在籍確認を混同している方は多いですが、これらはいずれも異なります。
本人確認とは本人であることを確かめる手続きであり、運転免許証や健康保険証などの身分証明書類の提出を求められます。
これらはコピーでもいいので、コンビニや自宅のコピー機でコピーしておきましょう。
最近ではカメラで撮影してメール添付できるローンも増えています。
電話確認は審査終了後にあり、内容に間違いがないかチェックを受けます。
これは難しいものではなく、査定スタッフの質問に正直に回答するだけです。
在籍確認とは記入した勤務先に勤務しているのか確認を受けるもので、会社に個人名で連絡が入ります。
これも難しいものではなく、本人在籍を確認するまで1分程度で終わるものです。

 

無職の人が借入できない理由はシンプル

 

本人確認なしの消費者金融はありませんし、無職の方はローンを利用できません。
無職の方は無収入と判断されますし、審査項目に勤務先情報を入力することもできないでしょう。
もし勤務していれば、無職には該当しないはずです。
本人確認に関しては、運転免許証や健康保険証を持っていればOKですが、仕事をしていなければ審査には通りません。
消費者金融は総量規制によって、収入に対する融資額が決まっています。
年収の3分の1が借入できる最高額となるため、年収がなければ借入上限も0円というわけです。
本人確認なし・あり以前に、仕事を見つけなければ融資は受けられません。
在籍確認は最低6ヶ月は必要と言われているので、入職して6ヶ月程度経過してから借りられるローンを探していきましょう。